ライフプランは大丈夫?

             貴方は何歳でしょうか?

ライフプランって作成したことがありますか?

何歳で子供が大学に行って、何歳で定年を迎え、何歳で子供が独立し

住宅ローンはいつまで、退職金はどうか、年金はいつから貰えていくら位?

など、しっかり考えていいる方はいいですがそうでない方が多いですね。

かくいう私も全然考えてなくて、というか考える余裕がなく60歳を迎えて

しまったという痛い経験があります。

みなさんもわたしのようなイタイやつだと、さらに熟年離婚とか

さらにイタイ将来が待っているかもしれません。

 

そうならない為に収入の柱をもう一本立てることも大切ですね。これはカーネルクラブで学んで頂く事として、

まずは自分チェックからスタートしましょう。

 ライフプランの効果は自分の夢と現実の差をしっかり知ってそれに対策してゆく事に尽きます。

ライフビジョンの確立といってもよいでしょう。

 まず最初にすることは、「夢計画」です。あなたやあなたの家族の夢が、ライフプランニングの基本です。

 あなたの夢はなんですか?

 どんな人生を送りたいですか?
 何が欲しいですか?
実際に書き出してみることが大切です。
ライフデザインシートの ◆ ライフビジョン を埋めてみてください。

( ◆ ライフビジョンのたとえばです。出来るできないではありません )
◆  将来の夢・・・・・・・・・自然や動物が好きな家族と一緒に、海の近くでのんびりと暮らす。
◆ 1年後にしたいこと・・・世界で一番ホットな国、インドを旅行する。
◆ 3年後にしたいこと・・・住宅を購入する。
◆ 5年後にしたいこと・・・世界一周する。
◆10年後にしたいこと・・・家族と一緒に、クルージングの旅をする。
◆30年後にしたいこと・・・次の世代の後継者を育てるような教育の仕事をして、社会貢献したい。

これは夢です。ではこれを現実にしてゆくのが計画=ライフプランですね。

「ライフプラン」とは、生涯にわたる人生設計のことです。

それは、長い人生の中で、いつ、何をするのかという計画です。

ところで、人生で幸せになるためのゴールには、どんなことがあるのでしょう?
ちょっと自分で考えて見ましょう!

人それぞれに、好きなことや大切なこと、価値観は違いますが、主に次のようなことに集約されるのではないでしょうか?

・いきがい
・健康
・人間関係
・仕事
・お金

最初に作成したライフビジョンを、ここでもう一度確認してみましょう。
ゴールに向けて、夢を叶えるために、これからライフプランニングをしてゆきます。

これまでの日本は、高度経済成長の波に乗って、多くの人が年功序列・終身雇用を前提とした画一的なライフプランニングをしてきたことと思います。

その代表的なプランニング方法は、年代別に分類したライフプランニングです。

しかし、時代が変わりました。
これからは、ひとりひとりの価値観や様々な

ライフスタイルに合わせて、個別のライフプランニングが必要です。

だからこそ、 自分自身のオリジナルなライフプランを作成する意義があるのです。
年齢や職業による一般的なライフプラン=既成概念にとら われる必要はありません。

自分の夢や価値観、大切にしているもの、これからの目標、キャリア設計、そして、家族構成や就業形態、住居の様態などに応 じて、

ライフプランを作成しましょう。

そうして、自分自身を見つめなおす自己理解と、自分の置かれている社会背景や経済状況など外部環境を冷静に分析しながら、

ライ フプランにもとづいて、自分の設定した道筋を歩み、ゴールに正しく向かっているか確認しながら進んで行きましょう。

それには家族の計画、年金,教育費,住宅ローン,家計見直し,マネープラン,キャッシュフロー,定年後,ファイナンシャルプランの

作成などが必要です。

これをやってくれるライフプラン作成ソフトがあると便利

 

ですね。年金,教育費,住宅ローン,家計見直し,マネープラン,キャッシュフロー,定年後,ファイナンシャルプラン
の無料プラン作成ソフトをご案内しています。

簡単に入力するだけでライフプラン作成が出来ます。

 

是非お使いください。

ご利用はこちらからです。

是非ご利用頂き感想をお聞かせくださいね。